ブレーメン通り商店街の舗装

ブレーメン通り商店街の今の舗装は2代目。
初代はぼくが元住吉に住み始めたころにできた。
赤茶色でピカピカの石板のようなものを
モザイク状にちりばめてあって、
できた当初はとても見栄えもよく、綺麗だった。

ただ、年が経つにつれて、雨が降ると滑るとか、
ヒールがすき間にひっかかるとか、
そんな声が聞こえるようになったそう。
それと、水道やガスの工事で通りを掘り返すと、修復できず、
アスファルトのパッチが徐々に増えていった。

そして、2005年に今の舗装にリニューアル。
前田道路株式会社というところのサイトによると、
「御影石風ベアコート」という工法だそう。
そして、そこには初代舗装で使われた石板が砕かれてまぜられていた。
見た目もすっきり、多少の工事があっても、修復可能。

その2代目に、最近になってピンチが訪れる。
古くなった水道管の工事のため、商店街終点から、
マルエツの前まで無骨なアスファルトの筋ができた。
そうこうするうちに、全面アスファルトになった。

何だかなぁと思っていた、ある夜、工事が始まった。

画像


工事の翌日、路面は白っぽくなっていた。

画像


数日後、再び工事。

画像


路面は再生され、あとは切れ目を入れればいい状態。

画像


そして、ついに切れ目を入れる工事。

画像


画像


少しずつ復活。

画像


数日の工事のあと、ついに完成。

画像


この写真はマルエツの前で撮ったもので、
左がもともとの舗装、右が蘇った舗装。

初代の二の轍を踏むことなく、
復活した商店街の舗装に感動。


P.S.(2014年9月2日追記)

ちなみにこれが初代の名残り。

画像


マンホール類は掘り返されないので、そのまま残ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック