カンクン旅行 in 2001

記録のために記憶をたどるシリーズ。

2000年からシリコンバレー駐在になったけど、
翌2001年は延べ150日間インドに出張。
そんな年の暮れ、かみさんとカンクンへ旅行。
カンクンはカリブ海に面したメキシコのリゾート地。

・12月28日

サンノゼからメキシコシティーへ。
ここで入国審査。荷物検査はランプが付いた人のだけやるらしい。
メキシコらしいおおらかさ。
飛行機を乗り換えてカンクンへ。
到着したら、もう真っ暗。シャトルバスでホテルへ。
ホテルはフィエスタ アメリカーナ グランド コーラル ビーチ。
カンクンでも最高級のホテルを奮発。

・12月29日

起床すると窓から差し込む光。見事なオーシャンビュー。

画像


プライベートビーチがあり、ビールなど飲みながら1日のんびり。
2人乗りのジェットスキーを初体験。
記念写真を撮ってもらったけど、恥ずかしい写真でお蔵入り。
夜はメキシコ料理を食べる。

・12月30日

オプションツアーでトゥルム遺跡&シェルハ。
日本語ツアーは満員で、英語ツアーとのことだったけど、
ガイドはスペイン語でしゃべる。
ぼくらの席に来て、言うことには、
「英語は君たちだけだから、個別に対応するから。」とのこと。

トゥルム遺跡は海辺の小さな遺跡。
別の英語ツアーについてうろうろ。

シェルハは水着でくつろげる海洋公園。
かみさんは足が届かない水路でパニックに陥っていた。

・12月31日

早くも帰国の日。
ビーチでのんびりした後、昼食はメキシコ料理。
帰路はフェニックス経由で無事帰宅。

アメリカ人が作ると、こんなリゾートになるんだと実感。
もっとのんびりしたかったな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック