百田尚樹 「海賊とよばれた男」読了

百田尚樹 「海賊とよばれた男」読了。
2013年第10回本屋大賞受賞作が早くも文庫で登場。
本屋で見つけて即買い。
ちなみに川崎市図書館では、単行本が1000人以上の待ちとなっています。

画像


画像


出光佐三をモデルとした主人公の国岡鐡造、
それを取り巻く田岡商店の人々、
田岡に惚れ込み会社が成長する中での危機を救う、
役人、バンカー、石油業界の人々が
本当に魅力的に描かれていて、清々しい。

事実に即した物語だと思うが、日章丸事件はさすがに知らなかったけど、
オイルショック、イラン革命は何となく記憶にある。
太平洋戦争が石油をめぐる争いだったという話は、目からうろこだった。

さすが本屋大賞受賞作、おすすめの一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック