函館・青森旅行 in 2009

記録のために記憶をたどるシリーズ。

息子が小学校に上がった年のGW、
2泊3日で函館・青森へ家族旅行に出かけた。

・5月2日

羽田から空路で函館へ。
バスで函館駅へ移動し、ホテルへチェックイン。
朝市に向かい、昼食。
市電に乗り、五稜郭へ。

画像


電停を降りた後、道を思いっきり間違えて遠回りしてしまった。
まずは五稜郭タワーを上る。

画像


見下ろした五稜郭は桜が満開。

画像


だいぶ前に桜を目当てに函館に来たけど、
その時は全然咲いていなかった。見事にリベンジ。

画像


再び市電に乗り、函館山のロープウェイ乗場へ。
函館山からの眺望は相変わらず見事。

画像


函館山の麓をうろうろした後、函館駅に戻り、夕食は朝市近くの海光房というお店。
いけすがたくさんあり、多分観光客向けの店と思われるが、海の幸を堪能。

・5月3日

電車の出発時刻まで朝市を散策。
途中逃走しているタラバガニを息子が写真に撮る。

画像


そして本日のメインイベントは青函トンネル。
特急に乗り、ツアーを予約した人だけが竜飛海底駅で下車できる。

画像


トンネル内を見学した後、小さなケーブルカーで地上のトンネル記念館へ。

画像


少し時間があったけど、雨が降っていたので外へは行かず。
誤算だったのは、食堂が混んでいて昼食を食べ損なったこと。
時間になったので、再びケーブルカーに乗り海底駅へ。
やってきた電車の車内販売で腹を収める。

青森で電車を乗換え、本日の宿は浅虫温泉のホテル秋田屋
水族館の入場券付プランで、夕食前に浅虫水族館を楽しむ。
クリオネを初めて見た。

画像


部屋から見える、海がとても綺麗。

・5月4日

今日はもう帰るだけ。
駅前でおみやげを購入後、特急で八戸へ。
当時はここまでしか新幹線が通じていなかった。
新幹線をいったん仙台で降りて昼食を購入。
電車好きの息子のためにこまちに乗換え。
大宮で下車、電車を乗り継いで家に帰った。

竜飛海底駅は北海道新幹線工事の進捗に伴い、
2014年3月で廃止された。
それを見越しての旅行は貴重な体験となった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック