九州旅行 in 1981

大学1年の時に行った九州旅行。
記録のために記憶をたどってみた。

・Day1

1981年の3月、大学に入って初めての春休み。
部活も休みになるので、仲間と旅行に行くことに。
東京から同じ新幹線に乗ったのは、今泉と福西。
まずは、京都で下車して寺社めぐり。
南禅寺では三門に上り、お約束の「絶景かな」。
せっかくなので、ということで近くの料亭で湯豆腐。
龍安寺には滑り込みセーフ。
そのおかげで、石庭を3人占めして堪能。
その後、大阪の福西の実家に宿泊。

・Day2

京都に戻り、清水寺の舞台で奥田と合流。
4人で新幹線に乗り、博多に着いた後、大宰府へ。
その後、ぼくの実家でいったん休憩。
九州では周遊券を使い倒す予定で、夜遅く博多駅へ。
ここから夜行鈍行の「ながさき」に乗車。深夜1時発。

・Day3

早朝に長崎に着き、市内観光。
平和公園、原爆資料館、ちゃんぽん、眼鏡橋、
大浦天主堂、グラバー園と主だった場所を回る。
特急で福岡へ戻り、ぼくの実家で宿泊。

・Day4

4人で小倉へ。ここで、村上、寺阪と合流。
行橋の寺阪実家にお世話になる。
「この子は日本語と英語ができんでねぇ」という
おかあさんの話に一同大爆笑。

・Day5

6人になった一行は特急で別府へ移動。
全員乗せてくれるという観光タクシーに乗り、まずは地獄めぐり。
そして足を延ばして鶴見岳へ。樹氷を初めて見た。
再び特急に乗り、宮崎ではビジネスホテルに投宿。

・Day6

レンタカーを借りて宮崎観光。
免許を持っていたのは今泉と奥田だけだったので
必然的にこの2人がドライバー。
快適な海岸線ドライブ。
青島、鵜戸神宮、都井岬などを回る。
都井岬では野生馬に指をかまれる。
レンタカーを返した後、特急で鹿児島へ。
鹿児島では旅館に宿泊。

・Day7

JRの観光バスで桜島へ。
桜島観光終了後、指宿枕崎線で指宿。
目的は砂蒸し風呂。熱い。奥田は尻に軽いやけどを負っていた。
再びJRに乗り、山川から長崎鼻。雨の中開聞岳をバックに記念写真。
西鹿児島に戻り、夜行急行「かいもん」に乗車。

・Day8

博多駅到着。今泉、奥田、福西とはここでお別れ。
寺阪、村上と実家で休憩後、3人で大宰府へ。ぼくは2回目。
長崎へ向かう2人と二日市で別れる。
あやうく、連れて行かれそうになった。
8日間に渡る旅もこれでおしまい。

九州内の夜行列車はなくなってしまったので、
今はやろうと思ってもやれない旅ではある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック