伊坂幸太郎 「夜の国のクーパー」読了

伊坂幸太郎 「夜の国のクーパー」読了。
全作制覇を目指している作者の2012年5月に刊行された作品。
図書館で借りることができたので読んでみました。

画像


得意の伏線を張りまくって、それを回収するストーリーではない。
強いて言えば、仙台から流れ着いた男が気がついたら縛られていて、
猫と会話している場面が、何となくガリバー旅行記を思い出させるところくらいか。
寓意に満ちているように思われる猫と鼠との会話、
終結したと言われる戦争、鉄国兵士リーダーの示唆と住民の反応、
そしてクーパーの伝説。
「ゴールデンスランバー」から始まる作者の第二期の作品群の中でも
ちょっと変わった作品。
読者にストーリーをむさぼるように追わせる力量はそのまま。
そして、明るい読後感は健在。
伊坂ワールドと言ってしまえば、そうかも知れないけど。

ぼくの中では、まだ「ゴールデンスランバー」を越える作品は出てこない。
現時点でこの作品以降に書かれた作品は3作。
リアルタイム(と、言っても図書館で借りるか、
文庫を買うかなので2年遅れぐらいですが)で
読める幸せを実感させてくれる作家であることは間違いない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

藍色
2014年01月11日 15:50
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

この記事へのトラックバック

  • 「夜の国のクーパー」伊坂幸太郎

    Excerpt: この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわか.. Weblog: 粋な提案 racked: 2014-01-11 14:40
  • 伊坂流、童話

    Excerpt: 小説「夜の国のクーパー」を読みました。 著書は 伊坂 幸太郎 お馴染みの伊坂作品 今作はまた新境地というか ファンタジーといえ、大人の童話というか・・・ 喋る猫、国王、兵士たち なんだかごった.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2014-02-24 16:27
  • 伊坂幸太郎 「ガソリン生活」読了

    Excerpt: 伊坂幸太郎 「ガソリン生活」読了。2013年の作品。 図書館で半年以上待って、ようやく借りれました。 Weblog: horikenな日常 racked: 2014-08-18 23:26