帰省 2013夏

恒例の家族での帰省。
昨年は大旅行に行ったので息子1人で帰った
なので家族での夏の帰省は2年ぶり。
概要を日記風にまとめました。

8月5日(月)
武蔵小杉からいつものリムジンバスで羽田へ。
今回の昼飯はアグー豚と石垣牛の弁当。うまし。

画像


福岡空港にはじじばばと姪が迎えに来てくれていた。
息子と姪は大の仲良しで年2回の逢瀬を楽しみにしている。
全員乗ると定員オーバーなのでじぃじは電車で帰る。
ぼくが運転して実家へ。

妹家族もそろったところで、夕食はバーベキュー。
雨が降ってきて心配したけど、何とか上がって、
庭で蚊にさされながらビールを飲む。まいう~。

8月6日(火)
朝から志賀島海水浴場へ。
息子、姪、甥、かみさんと5人。
海の家を利用。有料だとはわかっていたが、思いのほか高い。
まぁ、それはいいとして、とってもきれいな海。

画像


右手には海の中道の観覧車、正面には立花山。
ゆっくりと次々に飛行機が降りてくる。
すばらしい時間を過ごす。

妹家族が午後から帰るということで、駅まで送って行った。
息子はちょっとさびしそう。

晩御飯は残った者たちで香椎に焼鳥を食べに。
平日ということもあって、サラリーマンが続々とやってくる。
皮、バラ、タンなどを堪能。

8月7日(水)
今日は息子孝行の日。
じぃじの車を借りて、まずは直方隕石を見に行く。
直方隕石は須賀神社というところに落ちた
「目撃記録を伴う世界最古の隕石」らしい。
本物は見れないけど、記念碑をパチリ。

画像


なぜ隕石かというと息子の自由研究のため。
横浜こども科学館と府中の郷土の森博物館で本物の隕石を見ていて、
ここで締めくくり。

そこからさらに下関を目指す。
関門トンネルをくぐって、火の山へ。
ロープウェイはお休みということで車で展望台へ。
あらためて海峡の狭さを認識。
その後、海響館へ。下関市立の水族館。

画像


さすがというかふぐの展示が充実。ペンギンもたくさん。
お約束のイルカショーもまずまず。
水族館フリークとしては押さえておいて損はないかと。

8月8日(木)
今日は帰京の日。
息子とかみさんは諫早のかみさんの実家へ移動。
昼食はいつもの麺街道でラーメン。
だるまと一幸舎は行列だったので新風という店へ。

画像


短かったけど、充実の4日間。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック