伊坂幸太郎 「オー! ファーザー」読了

伊坂幸太郎 「オー! ファーザー」読了。
伏線をはって、それを回収する伊坂らしい作品。
あとがきによると新聞連載されたあと、すぐには単行本にせず、
「別のタイプの作品を書かなくてはならない」ということで
書かれたのが「ゴールデンスランバー」。これが第二期最初の作品で、
本作はその後単行本になり、第一期最後の作品とのこと。

画像


4人の父親を持つ高校生が中学校の同級生男子、
高校同級生の男子、女子などとの関わりから
事件に巻き込まれるが、父親たちが見事に救出する。
母親は最後の最後で登場。

ばらまかれた伏線が見事に回収される点では
「ゴールデンスランバー」と重なるが、
登場人物の多くが能天気風に振舞う点は大きく異なる。
「ゴールデンスランバー」以降では
伏線がばらまかれたままの作品もあるので
確かに作風が変わっているのかな。

まだ読んでいない作品もあるので、
「ゴールデンスランバー」を越える作品があることを期待して
残りを読むことにしよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 伊坂幸太郎 「ガソリン生活」読了

    Excerpt: 伊坂幸太郎 「ガソリン生活」読了。2013年の作品。 図書館で半年以上待って、ようやく借りれました。 Weblog: horikenな日常 racked: 2014-08-18 23:26