伊坂幸太郎 「マリアビートル」読了

伊坂幸太郎 「マリアビートル」読了。
「グラスホッパー」の続編的な物語。
前作では極悪人とその息子、殺し屋、悪意のない一般男性が登場人物だけど、
今回は別の極悪人とその息子、殺し屋、悪意に満ちた中学生が中心人物。

画像


何だか表紙が違う。図書館で借りたのは初版だったので
途中で変わったんだろうか。

舞台は東北新幹線。東京から盛岡までで物語は進む。
同じ新幹線に極悪人の息子、
蜜柑&檸檬、天道虫、スズメバチという殺し屋たちが乗り合わせる。
運が悪いが追い詰められると力を発揮する天道虫が最後は生き残る。
悪意に満ちた中学生は過去最悪の人物。
デビュー作「オーデュポンの祈り」の悪徳警官を思い出した。
前作にも出てきた押し屋の槿が重要な役割を果たすのは同じ。
たくさん死人が出てくるのに、何だかハッピーエンドに思えるのは不思議。
前作より洗練された感じで楽しめました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック