岩渕 健輔 「世界で勝たなければ意味がない」読了

岩渕 健輔 「世界で勝たなければ意味がない」読了。
ラグビー日本代表のGMである著者による日本代表強化計画。
とてもわかりやすく、本当にこのとおりにできたら強くなると納得できる内容。

画像


日本の現在の世界ランキングは15位前後。
それを2015年のロンドン ワールドカップではトップ10、
2019年に日本で開催されるワールドカップではトップ8に入るのが目標。

昨年、岩渕さんがGM、エディ・ジョーンズさんが監督となり
強化がスタートした。
本書の中では上位国の代表選手はほとんどが
強豪プロリーグでプレーしているが
日本では例がほとんどないと述べてある。
しかし、出版後にパナソニックの堀江選手、田中選手、
そして東芝のリーチ選手が南半球のスーパーラグビーに移籍することが決まった。

また、秋にはグルジア、ルーマニア相手に
ヨーロッパ遠征で初めてのテストマッチ勝利を手にした。
(相手にもよりますが、今まで一度も勝ってなかった。)

若きGMの強化シナリオが着実に進んでいて、
また監督とのコミュニケーションもいいみたいで
今後の代表の活躍に期待!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック