伊坂幸太郎 「SOSの猿」読了

伊坂幸太郎 「SOSの猿」読了。
「本当に悪い人」を倒し、「本当は悪くない人」を助ける
ミステリー? ファンタジー?
久々に面白い伊坂作品を読んだ。

画像


物語は「私のはなし」と「猿のはなし」で交互に語られる。
私が親戚の引きこもり青年を悪魔祓いしようとするが、
その青年は自分は孫悟空だと名乗り、それを証明するためにある話をする。
その話が「猿のはなし」でその中心人物が
因果関係を解くことを得意とする五十嵐真。
「猿のはなし」が孫悟空が語った話だと明らかになった後、
「五十嵐真のはなし」に変わる。

「ゴールデンスランバー」のスピード感と
デビュー作「オーデュポンの祈り」の不思議感がないまぜになった感じ。
悪魔祓いをする私は普段は家電店の店員で
SOSを発信する人を見ると救ってやりたくなる性分。
「トトトツーツーツトトト」はモールス信号のSOS。
ラストの明るい印象は「ゴールデンスランバー」も
「オーデュポンの祈り」も同じ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック