花園 初戦勝利!

今日は会社の納会の日だけど、体調悪く休み。
無理すれば行けたけど、母校の花園初戦なので無理はせずテレビ観戦。

11:15過ぎ、福岡高校(福岡第二代表)対本郷高校(東京第一代表)キックオフ。
福岡は我が母校、3番と11、14、15が高校日本代表候補のバックスのチーム。
本郷は3番と8番が高校日本代表候補でフォワードのチーム。
一回戦屈指の好カードとの前評判。

前半6分、福岡が先制。3次攻撃から11番福岡堅樹が鮮やかなトライ。
ゴールも決まって7-0。

その後一進一退の攻防が続き、ゴール前の本郷の攻撃。
ラインアウトからモールを押し込み、最後は3番吉田がトライ。
ゴールはならず7-5、福岡2点リードで前半終了。

後半はなかなかお互いに点が取れない。
20分に本郷22mライン内側からPKを決めて8-7と逆転。

その後、24分に福岡22m外側からPKのチャンス。
15番松下が蹴ったボールはゴール左へ逸れる。

27分、本郷が再びPKのチャンス。
ハーフウェイラインから少し入ったところで長い距離。
キックは伸びてインゴールまで届いたが惜しくも外れる。

キャッチした福岡はカウンターアタック開始。
途中、ノッコンでいったん途切れたが、
28分過ぎ、自陣ゴールライン付近から再びカウンターアタック開始。
次々にボールをつなぎ、最後はエース福岡堅樹。
タッチライン沿いに走る走る。
ゴール間際で本郷渾身のタックル。トライ?
しかしタッチジャッジの旗も上がっている。

主審とタッチジャッジの話し合いのあと、
主審がゴールポストに走ってトライを宣言。
最後の本郷のタックルが反則(ハイタックル)で、
それがなければトライとの認定。
ゴールが決まってノーサイド。

14-8で福岡が逆転勝ち。
涙が出ました。
2回戦はAシードの大阪朝鮮高校。
勝敗はともかく思う存分戦ってほしい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック