ラグビー大学選手権 2012開幕

ラグビーの大学選手権が開幕。
と言っても、今年から方式が変わって、
北海道・東北地区代表、東海・北陸地区代表、九州代表の3校による
ファーストステージがすでに終わっているので、
正確には大学選手権セカンドステージ開幕となる。

ファーストステージでは九州代表の福岡工業大学が勝っていて、
残りは、

・関東大学対抗戦 1位~5位
  筑波、帝京、明治、早稲田、慶応
・関東大学リーグ戦 1位~5位
  東海、流通経済、拓殖、法政、日本
・関西大学リーグ戦 1位~5位
  天理、立命館、関西学院、近畿、大阪体育

の15校をあわせて16校。
この16校が4つのグループに分かれて戦う。
対抗戦、関東リーグ、関西リーグの
1位~4位にはそれぞれ4点、3点、2点、1点の
ボーナスポイントが戦前に与えられている。
3試合終了後、勝利 5点、引分け 2点、
4トライ以上 1点、7点差以内の負け 1点のボーナスポイントとを
あわせて一番勝点が多い大学が準決勝へ進む。

・Aグループ 筑波、関西学院、法政、慶応
 筑波が強い。対抗戦では明治に負けたが
 大学選手権3連覇中の帝京に完勝。対抗馬は見当たらない。

・Bグループ 天理、流通経済、早稲田、大阪体育
 天理は昨年準優勝。4年生がたくさん抜けたが関西リーグでは今年も優勝。
 流通経済は昨年リーグ戦優勝したが今年は2位。しかし戦力が安定してきた。
 早稲田は対抗戦4位。ただ戦力的にはかなり強力。
 早稲田が抜けると見た。

・Cグループ 東海、明治、近畿、日本
 リーグ戦優勝の東海と対抗戦で筑波に勝った明治の争い。
 明治有利と見た。

・Dグループ 帝京、立命館、拓殖、福岡工業
 帝京の優位は動かず。

ということで、筑波、早稲田、明治、帝京の
対抗戦勢が4強を占めると予想。
ちなみに昨年は帝京、筑波、天理、関東学院。

で、昨日セカンドステージ初戦が行われ、勝ったチームは
筑波、慶応、早稲田、流通経済、東海、明治、帝京、立命館で
対抗戦 5校、リーグ戦 2校、関西 1校という結果。
12月16日に2戦目、12月23日に3戦目が行われるが、
ベスト4を対抗戦勢が占めるということも現実味を帯びてきた。

個人的に応援しているのは昨年に続き筑波。
スタンドオフ 2年生の松下真七郎が対抗戦最終試合の
帝京戦で足首を骨折したのが心配。
でも、昨日の試合では兄の松下彰吾が代役を務めた。
層も厚く、タレントもそろっており初優勝のチャンス!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック