家族旅行 サンノゼ編

7月30日から家族で初めてと言ってよい海外旅行。
旅の目的は僕とカミさんの思い出をたどること、
そして、それを息子と共有すること。

スタートはサンフランシスコ空港。
入国審査は両手の親指、その他4本の指紋と顔写真を撮る重厚なもので、
全然列が進まない。結局、2時間近くかかった。

次はレンタカー。
手続きを終えて、指定された場所に行くと車がない。
クレームをあげて、何とか確保。いやはや、いきなりの洗礼。

眠気を抑えて慎重にドライブ。
ウィンカーを出そうとしてワイパーが動くのは
左ハンドル慣れるまでのご愛嬌。

今宵の宿はその昔、出張時代に使っていた宿。
キッチンもついていて、過ごしやすい。

画像


荷物を置いて、最初の思い出の地へ。
僕とカミさんが4年間過ごしたアパート。
息子も生まれてから2年弱ここで暮らした。

画像


この日はこれで疲れ果て、近くのモールのフードコートで
軽く食事をして就寝。

翌日はまず、スタンフォード大学。
カリフォルニアの青空に落ち着いた色彩の建物が映える
僕の大好きな場所。息子もとっても気に入ったようだ。

画像


この後、カミさんの友人家族と待ち合わせて、
昼食は飲茶。ワゴンが次々に回ってきて楽しい。

昼食後に、みんなでサンノゼダウンタウンにある
テックミュージアムへ。

画像


子供達は大はしゃぎ。
写真はアイスホッケーのサンノゼシャークスの
ユニフォームに顔を突っ込んだ息子。

画像


夕食はホテルで肉を焼いて食す。
まだ時差ぼけが治っていなくて早めに就寝。

家族旅行はサンフランシスコ編へと続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 帰省 2013夏

    Excerpt: 恒例の家族での帰省。 昨年は大旅行に行ったので息子1人で帰った。 なので家族での夏の帰省は2年ぶり。 概要を日記風にまとめました。 Weblog: horikenな日常 racked: 2013-08-11 10:21