奥田英朗 「用もないのに」 読了

奥田英朗 「用もないのに」(文春文庫) 読了。

発刊元の文芸春秋社の担当者によると
「伊良部シリーズ」でお馴染みの著者の旅エッセイです。
自称“ひきこもり作家”の著者が、編集者にそそのかされ(騙され?)、
東奔西走する話。

いろんな雑誌に発表したエッセイを寄せ集めた一冊。

内容は、

・野球編
-再び、泳いで帰れ
  北京オリンピックの野球観戦記。そのふがいなさに、「泳いで帰れ」と叫ぶ。
  なぜ再びかというと、アテネオリンピックでも同じことがあったから
-アット・ニューヨーク
  初めてニューヨークに行き、ヤンキースの試合を見る。
  おのぼりさん状態。
-松坂にも勝っちゃいました
  楽天が誕生し、その地元開幕試合を仙台まで見に行く話。
  2試合目に松坂に勝つ。

・遠足編
-おやじフジロックに行く。しかも雨…
  日本最大規模の野外ロックフェスティバル「フジロック」に行く話。
  いろいろな会社の編集者も引きつれ、雨に打たれながらもかなり楽しそう。
-灼熱の「愛知万博」駆け込み行列ルポ
  「愛知万博」の行列をまたまた編集者たちと検証する話。
  ただ行列しただけです。
-世界一ジェットコースター「ええじゃないか」絶叫体験記
  富士急ハイランドの「ええじゃないか」体験記。
  いいだしっぺは奥田さんだけど、やっぱり出版社のお膳立てによる。
-四国お遍路 歩き旅
  同じく出版社お膳立てによる八十八箇所めぐり。
  連れまわされる奥田さん。

まぁ、笑えます。
薀蓄を語りながら、どこまで本気かわからない物言い。
これまで読んだ奥田さんのエッセイでは「泳いで帰れ」、「港町食堂」が面白かった。
「泳いで帰れ」は前出のアテネオリンピック観戦記。
野球だけでなく、柔道、バスケットなども観戦。地中海クルーズにも出かけてます。
「港町食堂」は雑誌「旅」の連載。フェリーであちこちでかける話。
名古屋まで新幹線で行って、そこから仙台行きのフェリーに乗るなど
ユニークな船旅+到着後の旅行記。

どちらも奥田節全開という感じですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック