2011 今年の読書を振返る

今年読んだ本を振返る

・1月
-原武史 「「鉄学」入門」 (新潮文庫)
-東海林さだお 「おにぎりの丸かじり」 (文春文庫)
-いしいしんじ 「雪屋のロッスさん」 (新潮文庫)
-川島隆太、泰羅雅登 「記憶がなくなるまでのんでも、なぜ家にたどり着けるのか?」 (新潮文庫)
-宮部みゆき 「ICO 霧の城」 (講談社文庫)
-吉田修一 「ランドマーク」 (講談社文庫)

・2月
-東野圭吾 「白銀ジャック」 (実業之日本社文庫)
-沢木耕太郎 他 「Story Seller3」 (新潮文庫)

・3月
-海堂尊 「極北クレイマー」 (朝日文庫)

・4月
-和田竜 「のぼうの城」 (小学館文庫)
-益田ミリ 「47都道府県 女ひとりで行ってみよう」 (幻冬舎文庫)

・5月
-東海林さだお 「そうだ、ローカル線、ソースカツ丼」 (文春文庫)
-宮脇俊三 「失われた鉄道を求めて」 (文春文庫)
-西村賢太 「小銭をかぞえる」 (文春文庫)

・6月
-椎名誠 「トンカチからの伝言」 (文春文庫)
-沢木耕太郎 「旅する力 -深夜特急ノート-」 (新潮文庫)
-万城目 学 「プリンセス・トヨトミ」 (文春文庫)

・7月
-椎名誠 「ニッポンありゃまあお祭り紀行 春夏編」 (講談社文庫)
-万城目 学 「鴨川ホルモー」 (角川文庫)
-宮部みゆき 「チヨ子」 (光文社文庫)
-万城目 学 「ホルモー六景」 (角川文庫)

・8月
-東野圭吾 「赤い指」 (講談社文庫)

・9月
-小川 洋子 「猫を抱いて象と泳ぐ」 (文春文庫)

・10月
-東直己 「探偵はバーにいる」 (ハヤカワ文庫)
-東直己 「バーにかかってきた電話」 (ハヤカワ文庫) 
-東野圭吾 「ガリレオの苦悩」 (文春文庫)

・11月
-宮部みゆき 「おまえさん」 (講談社文庫)
-伊坂幸太郎 「モダンタイムズ」(講談社文庫)
-下川 裕治 「世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ」(新潮文庫)
-東海林さだお 「メロンの丸かじり」(文春文庫) 

・12月
-奥田 英朗 「オリンピックの身代金」 (角川文庫)
-石田 衣良 「ドラゴン・ティアーズ 龍涙―池袋ウエストゲートパークⅨ」 (文春文庫) 
-三上 延 「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」 (メディアワークス文庫)

合計33冊。例年は50冊を越えるのでちょっと少ない。
スマフォで遊びすぎかも。

作家別では、宮部みゆき、東野圭吾、椎名誠、万城目学が3冊ずつ。

次に今年のベスト5。

5位 東直己 「バーにかかってきた電話」
 新しい作家を開拓。来年もこのシリーズを読み継ごう。

4位 万城目 学 「鴨川ホルモー」
 こちらも初めて読んだ作家。ちょっと毛色が変わったおもしろさ。

3位 宮部みゆき 「おまえさん」
 宮部みゆきの人情話はますます磨きがかかってきた。

2位 東野圭吾 「赤い指」
 加賀恭一郎はどこまで進化するんだろう

1位 奥田 英朗 「オリンピックの身代金」
 今一番気になっている作家の一人。新作が楽しみ。

来年もいい本に巡りあえます様に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック