(閉店)中華料理 上海孫記 @元住吉

9月23日にオープンした中華料理 上海孫記に行ってきました。
井田中ノ町商栄会でフォレストと井田郵便局の間、
井田小学校の正門からまっすぐ出たところ。
昔、連笑というラーメン屋が入っていてしばらく空家になっていたところですね。

中国人家族でやっているみたいで、表のテーブルには
お父さんらしき人が座って客引きをやってます。

店は細長い作りで、カウンターが6席、奥の座敷にテーブル2つ。
うちは息子とカウンターに座る。

メニューは点心 4種類、麺類 4種類(普通のラーメンはないです)、
一品料理が麻婆豆腐、エビチリ、回鍋肉など定番を中心に11種類、
それと炒飯2種類。
ちょっと少なめだけど、その中から揚州炒飯、孫記排骨麺をオーダー。
それと名物らしい焼きショーロンポウを持ち帰り。

先に来た孫記排骨麺は具を別皿に盛ってあって、
麺はスープの中にきれいに整えて入れてある。
麺とスープだけ食べても普通においしい。
排骨は甘辛く煮つけてあって、とても柔らかい。こちらもまずまず。

炒飯は揚州炒飯が醤油味、ちょっと辛すぎかも。
もう一種類の孫記炒飯は塩味で具も少し豪華らしい。
ちょっと高いけど、そっちにしたほうが良かったかな。

持ち帰った焼きショーロンポウはかむとおつゆがじゅわっとあふれてくる。
焼いた皮がパリパリになっていてとっても美味。

麺類以外は持ち帰りもできるそうなのでおみやげにいいかも。
ちなみに焼きショーロンポウは4個380円、6個560円です。

宝珍楼なきあと、長続きしてほしいなぁ。
今度は普通のショーロンポウ、一品料理も試してみよう。

P.S.(10月3日追記)
先日テイクアウトで「海老と卵いため」と「手羽先唐上げ」を試してみました。
どちらも普通においしかったです。中華のテイクアウトは結構貴重かも。

それと昨日、家族で夕食に行きました。
「高菜と鶏肉の麺」は排骨麺同様具が別皿になっていてスープは塩味。
結構おいしい。
わんたんはスープに入ってきてぷりぷり。こちらも美味。
揚げではなく普通のショーロンポーはおつゆが少なくて今一。

また通ってみます。がんばってください。

P.S.2 (2012年3月21日追記)
先日かみさんとランチに行って麻婆豆腐を食べました。
「辛いけど大丈夫ですか?」と聞かれて、大丈夫と答えましたが確かに辛い。
辛いけどうまい、うまいけど辛い。汗ダラダラでした。
ライス、スープ、杏仁豆腐もついて850円とお徳です。

画像


P.S.3 (2013年9月10日追記)
残念ながら8月末で閉店。
居抜きで9月8日に台湾屋台料理「縁」がオープン!
さっそく行ってきました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

町工場のおじさん
2013年09月08日 10:48
残念ながら今年8月で閉店してしまいました。
2013年09月10日 00:20
そう見たいですね。その後、台湾小皿料理の店がオープンしたようです。

この記事へのトラックバック

  • 台湾屋台料理 「縁」 @元住吉

    Excerpt: 上海孫記あとに台湾屋台料理「縁」がオープン。 早速息子と行ってきました。 うちからは歩いて5分とかからない距離。 Weblog: horikenな日常 racked: 2013-09-16 13:53