トライアスロン世界選手権 横浜大会に行ってきました

9月19日の敬老の日にトライアスロン世界選手権 横浜大会に行ってきました。

近所のミニストップにポスターが貼ってあったらしく
それを見たかみさんと息子がその気になっていたのと、
月火に休みがシフトしている私と休みが合うこともあって
久々に家族でお出かけ。

この世界選手権はシリーズになっていて
今年はシドニー(オーストラリア)、マドリード(スペイン)、
キッツビュール(オーストリア)、ハンブルグ(ドイツ)、
ロンドン(イギリス)、ローザンヌ(スイス)、北京(中国)で開催されて、
最後が横浜。ほとんどヨーロッパですね。

Wikiによると6試合の合計ポイントの上位者がグランドファイナル大会に
出るそうで、今年は北京がそうだったらしい。
そうだとすると、その後に開催される横浜大会の位置づけは???

ともあれ、トライアスロンはご存知のとおり
スイム、バイク、ランの3種目をこなす競技で、
それぞれの距離はいろいろとあるらしい。
スイム1.5Km、バイク40Km、ラン10Kmのオリンピックディスタンス、
スイム3.8Km、バイク180Km、ラン42.195Kmのアイアンマンディスタンスなど。
そう言えば、その昔アイアンマンレースなどと呼んでいたような。

横浜大会はオリンピックディスタンスで実施。
会場は山下公園とその周辺。
見に行ったのは男子エリートで、11時5分スタート。

スイムは750メートルを2周。
山下公園の目の前の海を泳ぐ。
普段ごみが浮いているのを知っているだけに、ちょっと気の毒。
トップの選手は20分かからずにバイクへトランジット。

バイクは5Km×8周。
山下公園の前から県庁、赤レンガ倉庫を通ってコスモワールド付近で折り返し。
バイクはさすがに速いのであっという間に目の前を過ぎる。
トップの選手は7~8分ぐらいで1周するのと
だんだんばらけてくるので、余り退屈せずに応援できる。
約1時間で終了し、ランへトランジット。
この時点で何と日本の細田選手がトップ。

ランは2.5Km×4周。
県庁の周りをぐるっと回ってくるコース。
こちらもトップの選手は7~8分ぐらいで1周してくる。
レースは1週目でトップに立ったポルトガルのシルバ選手がそのまま優勝。
細田選手は10位と健闘。

トライアスロンは初めて生で見たけど、
中々の迫力。へろへろになりながらも最後まで走る姿に感動。
全選手がゴールするまで応援した。

ところで、会場には色々なブースが出展していて
日清食品のブースもあった。
9月17日にみなとみらいにカップヌードルミュージアムが開館したこともあって
そのPRなのか、ミニカップヌードルを振舞っていた。
息子とかみさんはしっかりご相伴に預かっていた。私も一口。
それと、カップヌードルリフィルも配っていたらしい。
家に帰ってかみさんから聞かされたけど、こちらもしっかりゲット。

画像


数年前に発売されて、当時はかなり話題になっていたけど、
今でも売ってるんだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 華正楼 新館 @横浜中華街

    Excerpt: トライアスロン横浜大会を見終わった後、 家族で中華街へ。華正楼 新館に行ってきました。 Weblog: horikenな日常 racked: 2011-09-22 21:18