万城目 学 「プリンセス・トヨトミ」

万城目 学 「プリンセス・トヨトミ」(文春文庫)読了。
今年映画になった小説ですね。
2009年に単行本が出て、今年早くも文庫で登場。

大阪城が赤く染まるとき、男たちは立ち上がり、大阪は全停止するという話。
「大阪国」の設定はかなり無理があるなぁと思ったけど、まぁ、そこは小説。

会計検査院の3人と中学生男女2人、それと大阪の男たちが
繰り広げるミステリー。

ネタばれになるのでストーリーは書きませんが、
最後の2つのどんでん返しにつながるまでの展開は見事。
やっぱり男は女にはかなわないんだという話。

人物の書き方が緻密で、頭の中で顔まで想像することができる。
どこかの作家が人物を緻密に書くと物語は自然と動き出すと言っていたが、
(全然違うかもしれません...)
まさにそんな感じ。
お勧めの一冊です。

万城目さんは「鴨川ホルモー」でも話題になりましたね。
Wikiによると、ロザン宇治原と同級生とか。
万城目さんの作品は今回が初めてですが、気になる作家になってしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 万城 学 「鴨川ホルモー」

    Excerpt: 万城目 学 「鴨川ホルモー」(角川文庫)読了。 初めてタイトルを見たとき、安房鴨川のおいしいホルモン屋さんを 思い浮かべたのは私です。(いったい、それはどこだ?) Weblog: horikenな日常 racked: 2011-07-15 22:43
  • 2011 今年の読書を振返る

    Excerpt: 今年読んだ本を振返る Weblog: horikenな日常 racked: 2011-12-24 11:34
  • 万城目学 「ザ・万遊記」読了

    Excerpt: 万城目学 「ザ・万遊記」(集英社文庫)読了。 「鴨川ホルモー」、「鹿男あおによし」、「プリンセストヨトミ」などの作者のエッセイ集。 Weblog: horikenな日常 racked: 2012-08-28 23:12
  • 万城目学 「偉大なる、しゅららぼん」読了

    Excerpt: 万城目学 「偉大なる、しゅららぼん」読了。 「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」に続く、6作目の作品。 Weblog: horikenな日常 racked: 2013-01-17 00:14