西村賢太 「小銭をかぞえる」

西村賢太 「小銭をかぞえる」 (文春文庫)読了。

西村さんは今年「苦役列車」で芥川賞を獲った人ですね。

この本には「焼却炉行き赤ん坊」とタイトル作の「小銭をかぞえる」の2編が入っているけど、
いずれも藤澤清造(よく知りませんが、作家らしいです)を敬愛する男が
同居人の女性と最後は破局に至る話。

Wikiによると西村さん本人も藤澤清造を敬愛しているらしく、
逮捕歴もあるということで、主人公は本人とダブっている。
まさしく私小説。
ただ、救われない結末でちょっと読むのが辛い。
でも久々に私小説らしい私小説を読んだ。
昭和初期の小説みたい。



小銭をかぞえる (文春文庫) (文庫) / 西村賢太/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 小銭をかぞえる (文春文庫) (文庫) / 西村賢太/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック