四国旅行記 その1 (4/29)

4/29からGW恒例の家族旅行。

一昨年は函館青森でメインは青函トンネル。
竜飛海底駅で降りて見学するツアーに参加した。
昨年は黒部アルペンルート。
15メートルの雪の大谷を歩いた。

今年は四国。
なぜ四国かというと、
1.息子は北海道、九州、沖縄には行ったことがあるが四国はまだ
2.かみさんも同じ
3.私は行ったことがあるが、本物の讃岐うどんを食べたことがない。

初日は新横浜から新幹線に乗って、岡山で下車。
そこからは高知行きの特急に乗換て四国を目指す。
途中の瀬戸大橋が最初の見どころ。車道の下なので少し見晴らしが悪いが
天気もまずまずで瀬戸内の海と島を堪能。
そのまま琴平まで乗車。

琴平で降りたら、まずは昼食。
もちろん讃岐うどん。一杯目は細切りざるうどん
プニュプニュでとてもおいしい。

画像


腹も満たされたところで、いざ金毘羅山へ。
本宮まで785段、奥宮まで1400段弱。
息子は奥宮までと張り切っているが、まずは本宮へ。
途中は緑がきれいだったけど、段々疲れてくる。
最後の石段を上って本宮へ。

画像


息子も疲れたようで、もう帰ろう状態。
ゆっくり下って高松まで琴電で一時間。
息子もかみさんも爆睡。

高松では骨付き鶏が有名らしく、専門店に行ったら
ファーストフードみたいな店の作りで、しかも行列。
あきらめて階下の和食の店へ。
ここはまずまずで、瀬戸内の魚と骨付き鶏を堪能。
締めに再び讃岐うどん。今度は肉ぶっかけ
おいしゅうございました。

画像


高松駅前のホテルまで歩いて帰って、早々に就寝。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック