horikenな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアラグビーチャンピョンシップ 日本対韓国

<<   作成日時 : 2017/05/02 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンウィーク初日、前日に友人から連絡があり、
ラグビーを見に行くことに。

ぼくはJRFU(日本ラグビーフットボール協会)の会員になっていて、
JRFU主催試合の招待券を毎年4枚もらうんだけど、
いつも使わないので、彼に渡しておいたところ、
2枚余っていて、しかも期限が4月末までだというので、
有効活用することにした。

この試合はバックスタンドは全て自由席で、
向かって左の10メートルライン付近のいい席を確保できた。

先週は韓国での対戦で、勝ったもののできが悪い試合だったらしい。
アジアラグビーチャンピョンシップは、
サンウルブズに参加していない若手中心のメンバーとはいえ、
ヘッドコーチもおかんむりだったらしい。

本日のメンバーは、キャプテンが社会人3年目のスクラムハーフ流、
2年目で流の次の帝京大学キャプテン、フッカー坂手も先発。
そんな中、左ウィングはベテランの山田。唯一の2015年ワールドカップ経験者。
注目はリザーブに入った山沢。昨年の大学4年時代から
トップリーグでプレーする若き才能だ。

選手入場の後、国歌斉唱、間も無くキックオフ。

画像


先制は日本。ゴール前でモールを形成しトライ。
前半は守りも固く、合計5トライを重ねる。
しかし、残り2分で韓国で6番に30メートルぐらい走られてトライ。
31対5で折り返し。

今日は天気も良く、気温も高くてビールがうまい。
しかし、後半終了近くには途中から天気雨に結構降られた。

試合は後半も日本ペース。相手に1本トライを取られたものの、
7トライを重ねて、結果は80対10。先週の借りをきっちり返した。

目立っていたのはセンターの山中。
このポジションは外国人が勤めることが多いけど、
それに負けない大きな体で、グイグイ前進していた。

そして、後半から登場した山沢。
コンバージョンキックは5本全て決め、
タックルでボールを落としてしまったけど、素晴らしいランも見せた。

それと山田。攻守にわたり、ベテランらしい動き。
相変わらずの神出鬼没ぶり。

アジアラグビーチャンピョンシップは、この後香港と2戦。
今年も優勝は間違いないところ。

そして6月はルーマニア、アイルランドとの対戦。
6月24日に味スタで観戦予定。今からとっても楽しみ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジアラグビーチャンピョンシップ 日本対韓国 horikenな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる